鹿児島県霧島市国分-うえぞの内科クリニック-腎臓病,糖尿病,高血圧など生活習慣病・内科全般の診療 と人工透析施設(夜間透析)
  うえぞの内科クリニック  
鹿児島県霧島市国分で腎臓病、糖尿病の診療のほか、人工透析施設を備えたうえぞの内科クリニック
mail
HOME
院長メッセージ
診療のご案内
腎臓病について
人工透析
糖尿病について
メタボ症候群
健康診断
施設のご案内
入院のご案内
交通案内
スタッフ紹介
お知らせ
おすすめリンク集
Q&A
お問い合わせ
サイトマップ
 
バナー
うえぞの内科クリニックのホームページはリンクフリーです。リンクされる方はこのバナーをご使用下さい。
 
腎臓病,人工透析,糖尿病,高血圧等の生活習慣病
うえぞの内科クリニック
鹿児島県霧島市国分福島三丁目51-11
TEL:0995-48-6555
内 科,腎臓内科,循環器科
霧島市(国分,隼人町,牧園町,福山町,溝辺町,加治木町,横川町,霧島),湧水町からも患者さんがおいでになります。

【医療費編】

Q1:透析の医療費はどれぐらいかかるのですか?

A:まず、医療費は「高額療養費制度」により、70歳未満の方の一般所得者の自己負担の最高額は1ヶ月およそ80,100円ですが、透析医療については特別に「特定疾病療養受療証」の申請をすることにより1ヶ月の自己負担の最高限度額は10,000円となります。(月収53万円以上の方で20,000円)
身体障害者手帳の交付を受けている満18歳以上の方が対象となります。
ただし、更正医療を受けるには指定医療機関のみに限られます。透析に関しては、公的な補助の制度が確立しております。

Q2:その他、福祉ではどんな制度がありますか?

A:まず、身体障害者手帳というのがあります。この手帳を取得する事により、減税の対象となる他、福祉サービスの利用が可能となります。
あと、「重度心身障害者医療費助成金」という制度もあります。これはお支払いいただいた金額が戻ってくるという制度です。詳細は地方自治体へお問い合わせ下さい。

Q3:旅行先・出張先で透析を受けることができるのですか?

A:はい、受けることはできます。但し、その透析施設が実施している透析の種類に違いがありますので確認が必要です。また、その医療施設がどこにあるのか、交通機関は何を使えばいいのか、時間は何時までやっているのかなどを事前に詳しく調べておいた方がよいでしょう。

Q4:旅行先・出張先で透析を受けた場合、費用負担はどうなるのですか?

A:旅行先の透析施設では自己負担額が1万円を超えた場合は1万円をお支払いいただくことになります。これに合わせてもともと透析をお受けになっていらっしゃる透析施設にもお支払いいただかなくてはなりませんから、この月には2万円の医療費が発生します。

Q5:海外旅行をした場合の費用負担はどうなるのですか?

A:現在加入されている健康保険の種類によって変わります。全く医療費が戻ってこない場合もありますので、注意が必要です。
海外での医療費は当地で、自費でお支払いいただき、その領収書や医療費の明細書を帰国後提出して、還付を受けるという方法もあります。詳しくは、現在加入されている健康保険組合や社会保険事務所などにお問い合わせ下さい。


【日常生活編】

Q1:酒とタバコはやめなければいけないのでしょうか?

A:お酒についてですが、透析の方が問題になるのは水分です。体重の増加に留意しつつ、主治医と相談しながら適度に楽しみましょう。但し、肝機能に異常があれば話は別ですので、主治医にご相談下さい。
またタバコはできればやめた方がよいでしょう。透析患者さんは動脈硬化が進みやすく脳卒中や心臓疾患などのリスクが高まりますので禁煙を強くおすすめします。

Q2:透析をしている場合、スポーツはしてもいいのでしょうか?

A:これは一概に言えません。透析の患者さんにとって、筋肉量が減少することは望ましくありませんので筋肉量を維持するために運動は継続したいものです。そこでご自分の体調や体力を勘案しながら主治医の先生とよく相談をしながらすすめましょう。

鹿児島県霧島市国分のうえぞの内科クリニック-腎臓病,糖尿病,高血圧など生活習慣病・内科全般の診療と人工透析(夜間透析)
  うえぞの内科クリニック TEL.0995-48-6555